ビットコインは暗号によって技術的に守られた「安全な通貨」だと、よく言われます。

 

一方で、日夜ビットコインについて流れるニュースは、「コインチェックがハッキングされてNEMが流出した」だの、「Zaifがビットコインを0円で売り出した」だの、安全性とはかけ離れたものばかり。

むしろ危険性(リスク)ばかりが目立つ報道しか、一般の方の目に触れていないのではないでしょうか?

 

こうしたギャップがなぜ起こってしまうのか、仮想通貨に詳しくない初心者の方は、よく分からないですよね。

だからこそ、ビットコイン・仮想通貨業界がいつまでも「怪しい」業界というイメージを持たれてしまうのではないか、と個人的には思っています。

 

というわけで本日は、「ビットコインの安全性」について、初心者の方向けにお話していきたいと思います。

 

ビットコインが安全だと言われる理由:ブロックチェーン技術

まず、巷で言われている「ビットコインは、ブロックチェーンという技術によって、安全」という話は本当です。

詳しく知りたい方は「ブロックチェーンとは何か」をご覧いただければと思いますが、簡単にご説明しましょう。

 

まず、以下の図をご覧ください。

 

 

ブロックチェーンというのは、上記のように、「銀行の取引記録(台帳)」を世界中で分散して持っているイメージだと理解していただくのが分かりやすいです。

 

一つしかない「取引記録(台帳)」だと、改ざんされたら終わりですよね。

しかしながら、世界中にたくさんある分散型の取引記録(台帳)だと、改ざんしても意味がありません

 

なぜなら、「お前のブロックチェーン(取引記録)、ちょっと俺のと違うよね?」と世界中からツッコミが入り、改ざんしたことがバレてしまうからです。

 

これだけでもブロックチェーンは「改ざんしてもバレる」仕組みだと言えますが、改ざん自体が難しいという仕様にもなっています。

こちらについても、簡単にご説明しましょう。

 

まず、ブロックチェーンは「チェーン」と言われるだけはあり、鎖のようにつながっています。

 

ブロックチェーンにおいて、「ある鎖」と「次の鎖」には暗号上のつながりがあります。(詳しくはマイニングを参照)

そうなると、鎖1と鎖2に関係があり、鎖2と鎖3につながり(ガチャっとハマる結合部分)があるということになりますよね?

 

つまり、「鎖1⇒鎖2⇒鎖3⇒鎖4⇒鎖5⇒鎖6⇒鎖7⇒鎖8⇒鎖9⇒鎖10・・・」となっています。

この時、「鎖3」を改ざんしようとすると、「鎖4」以降のすべての鎖も修正しなければならないということになります。

 

それは、鎖3の改ざん(=中身が変わった)により、元の「鎖4」が「次の鎖」に適さなくなったからです。

要は、鎖3と鎖4の結合部分がガチャっとはまらなくなってしまったんですね。

 

言葉だけだとわかりづらいので、簡単な図を作ってみました。

 

 

こんな感じで、鎖3の改ざんにより次の鎖4とまったく合わなくなってしまうので、結局は次の「鎖4」も改ざんする必要が出てきます。

その次も、その次も・・・が永遠に続き、「鎖814,512,845,720」とかまで改ざんする必要があります。(数字は適当です)

 

スーパーコンピューターが何台あっても足りないので、ビットコインの改ざんは実質不可能と言われています。

それゆえに、ビットコインは安全だと言われているのですね。

 

ビットコインは安全だが…リスクは取引所に潜む。

ここまで、ビットコインはブロックチェーン技術により高い安全性を誇る、という話をしてきました。

 

ビットコインは非常に堅牢な仕組みを持っているのに、なぜハッキング事件が起こるのか。

それは、ビットコインそのもの「以外」のところに付け込まれるからです。

 

その「付け込まれる部分」のほとんどが、仮想通貨取引所です。

ビットコインがブロックチェーン技術により改ざん不可能でも、ハッキングにより「取引所のサーバ」には入れます。

 

取引所のサーバには、「ビットコインを取引するための秘密鍵」が置いてあります。

これをハッキングによって盗んでしまえば、「所有者のふり」をしてビットコインを外部に送信することができます。(=ハッキングによる流出)

 

つまり、ビットコインの改ざんなどしなくても、取引所のセキュリティのずさんさに付け込んでビットコインを盗むことは可能なんですね。

 

もう少しわかりやすく説明しましょう。

 

例えば、Googleのセキュリティは世界最強だとします。

ですので、Googleのサービスである、Gmailにハッキングすることは誰もできないとしましょう。

 

しかし、あなたのパソコンにある「Gmailのパスワードを自動入力した記録」から「あなたのGoogleパスワード」をハッカーが盗んでしまったら、どうなりますか?

そう、あなたの「パスワード(秘密鍵)」を使って、ハッカーは堂々と「Gmail」に入れるわけです。

 

Googleは最強でも、あなたのパソコンはそうじゃない。

だったら、あなたのパソコンから「Googleのパスワード」を盗み出し、それを使ってGmailに「正規の方法でログイン」すればいいですよね?

 

ここで、「Google=ビットコイン」、「あなた=仮想通貨取引所」です。

どんなにビットコインが最強でも、仮想通貨取引所がきちんとパスワードを管理していないと、意味ないんですね。

 

有名なビットコイン盗難事件である「マウントゴックス事件」でも、今回の「コインチェックNEM流出事件」でも、ダメだったのはビットコインやネムではなく取引所です。

 

仮想通貨をどの取引所で買うか、どの取引所にアカウントを置くかがどれだけ大事かが分かりますね。

以上のことから、私自身のメイン取引所は、3メガバンクが出資している日本最大の取引所である「ビットフライヤー」にしています。

 

参考になれば幸いです。

安心・安全にビットコイン・仮想通貨投資を行うには?
俺のビットコインの投資法

ビットコイン等の仮想通貨に投資する際には、大きな2つのリスクがあります。

 

一つは取引所のリスク
2014年の「マウントゴックス事件」のように取引所が不正をしてつぶれたり、ハッキングされたりするリスクがあります。

もう一つは価格変動のリスク
ビットコインのボラティリティ(価格変動幅)はドル円の10倍とも言われます。仮想通貨は大儲けも大損もするのが特徴です。

 

これを避けるため、当サイト「俺のビットコイン」では、二つの分散をおすすめしています。

一つ目の分散は取引所の分散
国内大手取引所に分散して仮想通貨を預けることで、取引所のリスクを軽減できます。

二つ目の分散は仮想通貨の分散
ビットコインだけもつのではなく、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)にも分散して投資することで、下落リスクを軽減できる可能性があります。

 

国内大手取引所の組み合わせとしては、会社の信頼性や財務基盤の強固さ、取り扱いアルトコインの種類から「ビットフライヤー」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」の3社をおすすめしています。

 

ビットコイン・仮想通貨取引所「ビットフライヤー」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」へのご登録はこちらから。(10分程度で完了します)

おすすめの記事