仮想通貨とは何かを初心者向けに説明した記事において、仮想通貨のもつ性質は以下の3つだと述べました。

 

  1. 署名入りで安全な「暗号通貨」であること
  2. 実態を持たない「バーチャルなお金」であること
  3. 特定の国の支配下にない「民主的な国際通貨」であること

 

このうち、特に3番の「民主的な国際通貨であること」はブロックチェーンと呼ばれるビットコインの中核技術から来ています。

本日はビットコインと切っても切り離せないブロックチェーンについてご説明します。

 

 ブロックチェーンはよく聞く言葉だと思いますが、2009年に発表された新技術であり、はっきり言って理解が難しいです。
ですので、専門家・技術者以外の方はイメージをつかめればOKです。

 

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、分散型取引台帳のことです。

分散型取引台帳と言われても分かりづらいので、その逆である中央集権型取引台帳を考えましょう。

 

中央集権型取引台帳の例としては、銀行のメインサーバーが挙げられます。

あなたがB銀行において、友人のAさんに10万円振り込みますと、B銀行のメインサーバーにその取引が書き込まれますよね。

 

分散型取引台帳では、特定のサーバーではなく、取引データ(=ブロックチェーン)を世界中のサーバーに分散して持っています。

両者を比較すると、こんなイメージです。

 

右側の「分散型取引台帳の例」をご覧ください。

 

あなたがAさんに送金したビットコインは、銀行等を介さず、「ブロックチェーン」に書き込まれます。

このブロックチェーンは、世界中のビットコインシステム参加者のサーバーに「同じものが存在」するという性質を持ちます。

 

銀行のメインサーバーに書き込む形ですと、このサーバーがハッキングされたらアウトです。

しかし、ビットコインの取引(ブロックチェーンの利用)であれば、世界中のサーバーが同時に書き換えられでもしない限り大丈夫、ということになります。

 

世界中のサーバーに分散して保持されており、全部同じことが書かれている取引台帳

これがブロックチェーンのイメージになります。

ブロックチェーンの仕組みとは?

 ここは理解するのが非常に難しいところです。
「テレビが映る仕組みが分からなくても番組が見られればOK!」という人は読まなくても良いかもしれません。

 

さて、ブロックチェーンとは、世界中のサーバーに分散して保持されており、全部同じことが書かれている取引台帳と説明しました。

 

ここで、「"世界中のサーバー"って何? 具体的にはどのサーバーが保持してくれているの?」と思われた方もいると思います。

 

ブロックチェーンを保持しているサーバーの持ち主は「ビットコインシステム参加者」です。

このビットコインシステム参加者が何をしてくれているかと言うと、銀行でいう「記帳」になります。

 

銀行を介した取引においては、取引にミスや不正がないかを中央管理者たる銀行が見てから記帳します。

一方、ビットコインを介した取引においては、その役目をビットコインシステム参加者がしてくれているのです。

 

ここでようやく、ブロックチェーンの仕組みを解説します。

そもそもブロックチェーンとは、「ブロック(かたまり)」が「チェーン(鎖)」のようになっているからブロックチェーンといいます。

 

ブロックチェーンでは、取引をデータ化して「ブロック」というデータのかたまりを作ります。

このブロックをビットコインシステム参加者が作成し、チェックし、つないでいくことで、帳簿ができるわけです。

 

この帳簿こそがブロックチェーンです。

 

しかしながら、「三菱UFJ銀行」や「三井住友銀行」ならともかく、「ビットコインシステム参加者」とかいう良く知らない人たちに「チェック」されても怖いですよね。

ビットコインシステム参加者が一人だったら、不正し放題です。

 

ですので、ビットコインシステム参加者は世界中に多数存在します。

ビットコインシステム参加者のAさんが作ったブロックに不正がないか、BさんやCさんがチェックして初めて「正しいブロック」としてチェーンにつながれるのです。

 

 

このビットコインシステム参加者が行っているブロック作成作業をマイニングと言います。

そして、今まで「ビットコインシステム参加者」と呼んでいた人たちのことをマイナー(マイニングする人)と呼びます。

 

マイニングおよびマイナーについては、技術的に難しい話になりますので、別の記事で解説することとします。

 

 世界中の様々な国の人たちがブロックを作成し、そしてそれを相互にチェックし合って運営しているので、ビットコインは「民主的な国際通貨」と言えるのですね。

 

ブロックチェーン(分散型台帳)が公開されていて大丈夫なのか?

最後に、ブロックチェーンが「分散型台帳」であることについて補足します。

 

台帳が世界に分散しているということは、取引データが世界中に公開されてしまっているということになります。

それでもプライバシー面にリスクがないのかという点についてです。

 

結論から申し上げますと、大丈夫です。

 

なぜなら、ブロックチェーンに書き込まれ、公開されているのはあなたの「ビットコインアドレス」であって、あなたの「名前や住所」ではないからです。

 

例えば、A君からBさんに100BTC送金されたとしましょう。

この場合、ブロックチェーンに書き込まれるのは「ビットコインアドレスAからビットコインアドレスBに100BTC移動」ということだけです。

 

ビットコインアドレスAの持ち主がA君であることはブロックチェーンからは分かりません。

分かるのはビットフライヤー、コインチェックなどの取引所だけです。

 

そして、取引所が情報を開示するのは警察や裁判所からの命令があったときだけです。

インサイダー取引などがあったときに、証券会社が警察に対して顧客情報を開示するのと同じです。

 

まとめ:ブロックチェーンとは?

ここまでで、ブロックチェーンのイメージはつかめましたでしょうか。

ブロックチェーンは2009年に生まれた最新技術なので、説明を聞いても「全然わからん!」という方も多いのではないでしょうか。

 

もし分からなかったとしても、心配しないようにしてください。

率直に申し上げて、ビットコイン・仮想通貨投資において、ブロックチェーン技術の知識が必要なことはないので、なんとなくの理解で大丈夫です。

 

それでは、今回はここまでとします。

お読みいただきありがとうございました。

安心・安全にビットコイン・仮想通貨投資を行うには?
俺のビットコインの投資法

ビットコイン等の仮想通貨に投資する際には、大きな2つのリスクがあります。

 

一つは取引所のリスク
2014年の「マウントゴックス事件」のように取引所が不正をしてつぶれたり、ハッキングされたりするリスクがあります。

もう一つは価格変動のリスク
ビットコインのボラティリティ(価格変動幅)はドル円の10倍とも言われます。仮想通貨は大儲けも大損もするのが特徴です。

 

これを避けるため、当サイト「俺のビットコイン」では、二つの分散をおすすめしています。

一つ目の分散は取引所の分散
国内大手取引所に分散して仮想通貨を預けることで、取引所のリスクを軽減できます。

二つ目の分散は仮想通貨の分散
ビットコインだけもつのではなく、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)にも分散して投資することで、下落リスクを軽減できる可能性があります。

 

国内大手取引所の組み合わせとしては、会社の信頼性や財務基盤の強固さ、取り扱いアルトコインの種類から「ビットフライヤー」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」の3社をおすすめしています。

 

ビットコイン・仮想通貨取引所「ビットフライヤー」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」へのご登録はこちらから。(10分程度で完了します)

おすすめの記事