ビットコインの発行枚数が2100万枚であることはよく知られています。

 

このビットコインの例のように、実は仮想通貨の価値を保っているルールの一つが、発行枚数に限界があることです。

それにより、物理的に限界がある「金(ゴールド)」や「原油」と同じように希少価値が出てくるわけです。

 

しかしながら、その発行枚数の制限は仮想通貨ごとに異なるうえ、発行枚数の上限がない仮想通貨まであります。

ですので、今回は主要なビットコイン・アルトコインの発行枚数をまとめました。

 

ビットコインの発行枚数

冒頭に書きましたが、ビットコイン(BTC)の発行枚数は2100万枚です。

 

この2100万枚と言うのは、ナカモトサトシ氏がビットコインについて提唱したときから決められた数。

現在のペースで行くと2140年頃に掘りつくされる(マイニングが完了する)と言われています。

 

イーサリアムの発行枚数

ビットコインに次ぐ「時価総額第2位の仮想通貨」として君臨するイーサリアム(エセリウム、ETH)。

 

実は、このイーサリアムには発行上限が定められていません

発行上限があることで供給が限られますが、希少性とは違った価値を認められているのがイーサリアムということなのですね。

 

現在の流通量は、約1億ETHほどです。

 

リップルの発行枚数

時価総額第3位であることが多い、リップル(XRP)。

 

リップルの発行上限は、1,000億XRPと決められています。

ビットコインに対しだいぶ多いので、リップルの1枚当たり(1XRPあたり)の価格もそれにつられて低いものとなっています。

 

ビットコインキャッシュの発行枚数

ビットコインからハードフォーク(ブロックチェーンの分岐)して生まれた、ビットコインキャッシュ(BCH)。

 

ビットコインキャッシュの発行上限は、ビットコインと同じ2,100万BCHです。

現在の流通量は、1700万BCHほどです。

 

 

ライトコインの発行枚数

ビットコインが「金(ゴールド)」と言われるのに対し、「銀(シルバー)」と言われるのがライトコイン。

 

発行枚数の上限もビットコインの2,100万枚を意識して、その4倍。

つまり、8,400万枚になっています。

 

ダッシュの発行枚数

ダークコインと呼ばれる、ダッシュ(DASH)。

匿名性の高い通貨として、(犯罪にも使われかねないため)批判のターゲットになることが多い通貨ですが、やはり人気は高いです。

 

そんなダッシュの発行枚数の上限は1,890万DASH

かなりビットコインに近い値です。

 

現在の流通量は約800万DASHとのことなので、まだ半分に達していない程度ですね。

 

ネムの発行枚数

コインチェック事件(コインチェック社がハッキングされ、ネムが盗まれた事件)で世間一般にまで名をとどろかせた、ネム(XEM)。

なので、発行の上限枚数も聞いたことがある人も多いかもしれません。

 

ネムの発行上限枚数は、90億XEMです。

リップルほど多くありませんが、相対的にはかなり多い枚数ですね。

 

現在の流通量は、90億XEM。

つまり、他の仮想通貨とは違い、ネムはすでにすべて発行しきっている仮想通貨です。

 

イーサリアムクラシックの発行枚数

イーサリアムからハードフォークして生まれた、イーサリアムクラシック(ETC)。

 

本家イーサリアムと同じく、発行上限はありません

現在の流通量が約1億ETCであることも同じです。

 

リスクの発行枚数

日本の仮想通貨取引所最大手であるビットフライヤーが取り扱ったことで有名になったリスク(LSK)。

 

リスクも発行枚数の上限がないアルトコインです。

さらに、イーサリアムやイーサリアムクラシックと同じく、すでに1億枚以上が流通しています。(1億2,000万枚ほど)

 

モナコインの発行枚数

日本の2ch(現在の5ch)発祥の仮想通貨である、モナコイン(MONA)。

 

モナコインの発行上限は、1億512万MONAと定められています。

ライトコインに近い水準ですね。

 

現在の流通量は、6,000万MONAほど。

ですので、すでに半分以上が流通しているアルトコインだと言えます。

 

仮想通貨の発行枚数まとめ

仮想通貨の価値を決める、一つの条件が「発行枚数に上限があるかどうか」です。

 

金は、世界中からかき集めたとしても、50mプール3つ分しかないから価値があります。

そういった意味では、発行枚数も気にしながら投資するのがいいと思います。

 

発行枚数に上限がない通貨は、例えば「ある日突然2倍になる」可能性もゼロではありません。

その場合、理論上は価格が半分になるかもしれません。

 

以上、「仮想通貨の発行枚数」についてのまとめでした。

 

ビットフライヤー

安心・安全にビットコイン・仮想通貨投資を行うには?
俺のビットコインの投資法

ビットコイン等の仮想通貨に投資する際には、大きな2つのリスクがあります。

 

一つは取引所のリスク
2014年の「マウントゴックス事件」のように取引所が不正をしてつぶれたり、ハッキングされたりするリスクがあります。

もう一つは価格変動のリスク
ビットコインのボラティリティ(価格変動幅)はドル円の10倍とも言われます。仮想通貨は大儲けも大損もするのが特徴です。

 

これを避けるため、当サイト「俺のビットコイン」では、二つの分散をおすすめしています。

一つ目の分散は取引所の分散
国内大手取引所に分散して仮想通貨を預けることで、取引所のリスクを軽減できます。

二つ目の分散は仮想通貨の分散
ビットコインだけもつのではなく、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)にも分散して投資することで、下落リスクを軽減できる可能性があります。

 

国内大手取引所の組み合わせとしては、会社の信頼性や財務基盤の強固さ、取り扱いアルトコインの種類から「ビットフライヤー」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」の3社をおすすめしています。

 

ビットコイン・仮想通貨取引所「ビットフライヤー」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」へのご登録はこちらから。(10分程度で完了します)

おすすめの記事