最近、仮想通貨の「」が冷めてしまったという方が多いようです。

やはり、仮想通貨自体、「利用目的」というよりは「投機目的」で始めた人が多いのが現実でしょうから、値上がりしなくなったら興味がなくなってしまうのは当たり前なのかもしれません。

 

ただ、もしかしたらそれ、もったいないかもしれませんよ。

というわけで今回は「最近、仮想通貨で損してばかりの人へ」をお送りしたいと思います。

 

値段が下がったら買う?

本当の本当に、心底仮想通貨の価値を信じられていたら。

もしそうであれば、どんなに仮想通貨の値段が下がろうが、問題ないですよね。

 

値段が下がったら買う、値段が下がったら買う。

世間一般ではこれを「ナンピン買い」と呼び、投資の禁じ手のように言っている人もいますが、投資で大きな財を成した人はこのナンピン買いをしまくっています。

 

実際、「相場師列伝」のような本を読むと、本当にヤバいときにこそナンピン買いで建玉を増やし、その後の風向きの変化で大もうけした、という人が多いのです。

 

ただ、そのナンピン買い。

これが出来るのは、かなりの核心に基づかなければいけません。

 

仮想通貨は絶対に上がるのか?

ナンピン買いを仮想通貨で当てはめるには、仮想通貨が絶対に上がるという信念を持った行動になっていないとまずいです。

 

信念なしでナンピン買いをするというのは、ただ単に傷口を広げるだけです。

これこそ、まさにナンピン買いが投資における禁じ手のように言われている理由になります。

 

ただ、現時点で仮想通貨が絶対に上がると確信をしている人はかなり少ないのではないでしょうか?

その証拠は、チャートに表れています。現在、ビットコインは年初の水準の半分以下でゆらゆら揺らめいていますが、これは「絶対上がる」と確信している人が多ければ起きない現象だからです。

 

仮想通貨は流通する、しかし

私自身、仮想通貨がこの後上がっていくかどうかということは、確信が持てている状況ではありません。

かなりの調整を見せた後に上昇していく可能性が高いとは思っていますが、何かしらきっかけが必要なのではないか、と思っています。

 

私が仮想通貨についてある程度確信しているのは、ブロックチェーン技術の普及と、仮想通貨の将来的な流通です。

国家を超えた通貨である仮想通貨は、だんだんと広がって用途を増していくと思います。

 

実際、現在はハッキリ言って仮想通貨は通貨として機能していません

使えるお店も少なすぎますし、「仮想通貨で生活してみた」系の記事においては、仮想通貨で生活するのがどこまで難しいかがよく分かるようになっていました。

 

かく言う私自身も、仮想通貨で生活していくのは難しいと感じます。Edyとかと比べてしまうと、かなり厳しいというのが現状です。日本以外でもそうでしょう。

 

ただ、この状況は改善されると思います。

なぜなら、仮想通貨というのは小さいとは言え経済圏を形成してきており、所持者・利害関係者も多いので、「流通しないと困る」人が多いからです。

 

そういう人が増えれば、受け取る店も増え、それがまた仮想通貨所持者を生む、というサイクルが完成します。

そうなったとき、仮想通貨は通貨になるのでしょう。

 

投資としての仮想通貨のゆくえ

流通としての仮想通貨は良くなっていく。

しかしながら、投資としての仮想通貨が良くなっていくとは限りません

 

1BTC=100万円(現在は行っていませんが)では、庶民が通貨として使うのには不便な単位かもしれないのです。

もともと実体がなく、最初らへんに手にした人が大きくアドバンテージを受ける構造というのも微妙です。

 

しかし、私自身はこの「良くなっていくか分からない」今だからこそ、投資の価値があると思っています。

仮想通貨に限らず投資商品というのは、誰もが「良くなっていく」と思ったときには高くなりすぎているものだからです。(構造的にそうなります)

 

だからこそ、「分からない」今、「財産の一部で」買っておくのが良いのではないか、と思っています。

多くても、財産の1/10以下をおすすめします。なにせ「分からない」のですから。

 

分からないものは分からないと認め、そのうえで分からないことに賭ける。

これも投資家の一つのやり方なのかもしれません。

 

ビットフライヤー

安心・安全にビットコイン・仮想通貨投資を行うには?
俺のビットコインの投資法

ビットコイン等の仮想通貨に投資する際には、大きな2つのリスクがあります。

 

一つは取引所のリスク
2014年の「マウントゴックス事件」のように取引所が不正をしてつぶれたり、ハッキングされたりするリスクがあります。

もう一つは価格変動のリスク
ビットコインのボラティリティ(価格変動幅)はドル円の10倍とも言われます。仮想通貨は大儲けも大損もするのが特徴です。

 

これを避けるため、当サイト「俺のビットコイン」では、二つの分散をおすすめしています。

一つ目の分散は取引所の分散
国内大手取引所に分散して仮想通貨を預けることで、取引所のリスクを軽減できます。

二つ目の分散は仮想通貨の分散
ビットコインだけもつのではなく、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)にも分散して投資することで、下落リスクを軽減できる可能性があります。

 

国内大手取引所の組み合わせとしては、会社の信頼性や財務基盤の強固さ、取り扱いアルトコインの種類から「ビットフライヤー」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」の3社をおすすめしています。

 

ビットコイン・仮想通貨取引所「ビットフライヤー」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」へのご登録はこちらから。(10分程度で完了します)

おすすめの記事