「ビットコイン・仮想通貨投資を始めたいけど、あまりにも危険性が高そうで、あと一歩を踏み出せない」

ビットコインはバブルだって聞いた。もう絶対に儲からないからやるつもりはない。(・・・でも本当は興味はある)」

「ビットコインで億り人とか聞くとイライラするから、自分も始めたい。でも、リスクが高すぎるような気がしている」

 

2018年2月になりましたが、上記のような理由でビットコイン・仮想通貨投資を始めるかどうか悩んでいる方が多いようです。

 

ビットコイン・仮想通貨投資は大きく儲かる可能性がある投資であり、実際に多くの億り人(ビットコイン投資で1億円以上の資産を築いた方)を輩出しています。

おそらく、2017年については、他のどんな投資(株式、債券、FX、金、原油、先物等)よりも多くの億り人を誕生させていると思います。

 

批判の的になりがちな「億り人」ですが、一つ申し上げておきたいのは、彼ら・彼女らは「リスクをとったからこそ儲けた」ということです。

今の億り人も、鳴かず飛ばずの時代にビットコイン投資をしていたから億り人になったのです。

 

他の人と同じく「リスクが・・・」「危険性が・・・」等と言っていては大儲けは難しいと言えるでしょう。

 

しかしながら、ビットコイン投資のリスクは「ハイリスクであることは分かっている」で済ますには大きすぎるのも事実です。

はっきり申し上げて現在最も「ハイリスク・ハイリターン」な金融商品であることは間違いないので、恐れるのも無理はありません。

 

このような状況で、私がおすすめしたいのは、ビットコイン・仮想通貨についての知識をつけ、投資におけるリスクを知ることです。

 

Risk comes from not knowing what you're doing. (リスクがあるのは、あなたが何をやっているかを理解していない時である)

Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)

 

伝説の投資家であるウォーレン・バフェット氏もおっしゃっている通り、リスクというものは無知から生じます。

逆に言えば、「知識をつけることは、リスクを低減させる」ということです。

 

仮想通貨とは何かビットコイン・仮想通貨投資ではどのような考え方が、なぜ重要なのか

ビットコイン・仮想通貨において巨額の損失を出した事件は、なぜ起きたのか

 

このような事項を学んだうえで、さらに「あなたがやっていることには、どんなリスクがあるのか」を知ることが重要だと考えています。

本日は、ビットコイン・仮想通貨投資にはどのようなリスクがあるのかについてお話していきたいと思います。

 

  本記事はビットコイン・仮想通貨におけるリスク(危険性)を説明したものです。
アルトコインの一種である「リスク(Lisk)」に関する記事ではありませんので、その点ご承知おきください。

 

価格の乱高下(急落)リスク

最初に押さえておかなければならないのは、ビットコイン・仮想通貨というのは、値動きが非常に激しいものだということです。

例として、以下はビットコイン(BTC)の約1年間のチャートです。

 

 

見づらくて恐縮ですが、2017年の最初には「1BTC=10万円」程度だったビットコイン価格は、同年12月には「1BTC=250万円」まで上昇しました。

レバレッジをかけなくても、1年で20倍を超える圧倒的なパフォーマンスを出す金融商品と言うのは他にはないのではないかと思います。

 

しかしながら、良い面だけにフォーカスしてとらえてしまうことは危険です。

 

ビットコイン・仮想通貨投資における「下り」はもっと急です。

2017年12月に「1BTC=250万円」のピークを付けた後、2018年1月には「1BTC=100万円」まで下がっています。

 

半分以下になるまでに、2か月を要さないという急落ぶりです。

その後は緩やかに推移していますが、2018年2月1日現在、「1BTC=110万円」のあたりをうろうろしている状況です。

 

 なお、ここで挙げたビットコインは「誰もが知る王道の仮想通貨」であるため、値動きは比較的緩やかなほうです。
もっとマイナーな仮想通貨だと、上がるときも落ちるときもビットコインよりもさらに急速であることが多い点にご注意ください。

 

ビットコイン・仮想通貨の価格は、我々投資家が思っている以上に乱高下します。

 

私が持っているトークンに「XCP(カウンターパーティートークン)」というものがありますが、昨日1月31日は1日で30%以上下げました。

同じく私が所持している主要なアルトコインである「NEM」も昨日だけで20%以上下げています。

 

これは、ビットコインも10%程度下げた「下げ相場」での話ではあるのですが、この程度は日常茶飯事です。

仮想通貨投資は、投資の中でもかなり特殊です。価格が一日で50%変わろうとも動じないマインドが必要だと言えるでしょう。

 

 私は普段、外国株式や金地金の中長期投資を主戦場にしている人間ですので、あまり(ギャンブルに近い)トレーディングには強くありません。
ですので、レバレッジをかけたFX(為替)などから参入される方であれば、それほど苦労せず仮想通貨投資になじめるのかもしれません。

 

仮想通貨取引所のリスク

先ほど紹介した「価格の乱高下(急落)」リスクは、仮想通貨投資を始めようとする多くの人が認識しているリスクですので、そこまで危険ではないと言えるかもしれません。

そういう意味では、ここで紹介する「取引所のリスク」こそが仮想通貨投資における最大のリスクだと思っています。

 

この「取引所のリスク」は、次に挙げる「ハッキングのリスク」と密接な関係があります。

ですので、「取引所・ハッキングのリスク」としても良かったのですが、ある理由から別のリスクとして説明させていただくことにしました。

 

その「ある理由」とは、取引所の管理の甘さです。

どんなに注意していてもハッキングされることはあるのですが、実は今までに起きたハッキング事件のほとんどは取引所の注意不足や管理の怠慢で起こっています

 

マウントゴックス事件でもそうですし、2018年1月に起きたコインチェック事件でもそうです。

有名な上記2つ以外のハッキング事件でも、ほとんどは「取引所の不手際に、ハッカーが付け込んだ」という形で起きています。

 

(参考:有名なハッキング事件とその原因)

  • 取引所の内部犯行、またはセキュリティ管理の甘さがハッカーに付け込まれた(マウントゴックス事件)
  • 取引所がオンライン上に置きっぱなしにした暗号鍵がハッカーにとられた(ビットフロア事件)
  • 取引所の出金システムの脆弱性がハッカーに付け込まれた(ポロニエックス事件)
  • 特に明確な取引所の落ち度なし(ビットスタンプ事件)
  • 取引所のマルチシグウォレットの脆弱性がハッカーに付け込まれた(ビットフィネックス事件)
  • 取引所がマルチシグもコールドウォレットも採用していなかったところに付け込まれた(コインチェック事件)

 

多くは「取引所がずさんな管理をしていた」ところに「ハッカーが付け込んだ」かたちで起きた事件だということが分かるはずです。

もう一度繰り返しますが、ビットコイン・仮想通貨投資における最大のリスクは取引所にあるのです。

 

ハッキングのリスク

仮想通貨とは何かについての記事でも申し上げましたが、仮想通貨とは結局「物理的実体のない暗号データ」のことです。

データということは、ハッキングのリスクがつきものということです。

 

取引所は、顧客に通貨を販売する関係上、どうしても一定の仮想通貨をオンライン上に置いておかなければなりません。

オンライン上にあるデータは、ハッキングのリスクにさらされます。

 

しかしながら、実はこのハッキングのリスクは、取引所がきちんと対処してさえいればさほど大きなものではありません。

なぜなら、先ほど「オンライン上のデータにはハッキングのリスクがある」といったように、オフラインで管理しているデータはハッキングができないからです。

 

ですから、取引所がコールドウォレット(インターネットにつながない、オフラインでの仮想通貨の保管)を採用していれば、オンライン上の一部の仮想通貨以外にはハッキングされないのです。

 

さらに、別の方法もあります。

マルチシグ(複数の暗号鍵)を採用することで、ハッキング自体の難易度を上げることができます。(鍵が分散して適切に管理されている場合に限る)

 

このように、「コールドウォレットを使う」「マルチシグを採用する」などの手法により、ハッキングのリスク・危険性はかなり抑えられます。

 

それなのにハッキングが度々起こるのは、ひとえに取引所の怠慢です。

先ほど「取引所のリスクはハッキングのリスクと密接な関係がある」といったのはそういうことです。

 

ハッキングのリスクを減らせるかどうかは、投資家と言うよりは取引所の問題なのです。

 

 投資家が出来る対策としては、(多少面倒ですが)ウォレットをつかうことで取引所がハッキングされても被害を受けずに済みます。

 

仮想通貨の法規制リスク

次に、仮想通貨の法規制リスクについてです。

 

日本では、2017年4月1日に施行された「改正資金決済法」の中で、仮想通貨が「決済通貨」として認められています。

しかし、他の国では、当局が仮想通貨を認めているとは限りません。

 

2017年9月、中国政府(正確には中国人民銀行)は、仮想通貨の新規発行(ICO)による資金調達を違法と認定、即時停止および集めた資金の返却を命じました。

さらに、10月末までには取引所の閉鎖と、人民元での仮想通貨取引の中止を命じました。同じく2017年9月、韓国でもICOが禁止されています。

 

この中国・韓国政府のとった措置により、ビットコイン価格は急落しました。

このように、ビットコイン・仮想通貨は各国での法規制リスクにさらされ、そのたびに(日本においても)価格急落につながる危険性を秘めています。

 

 国として、法的に仮想通貨を認めたのは、日本が最初です。
日本人から見た日本には「行政の動きが遅い」イメージがありますが、実は仮想通貨分野では先進国であると言えるでしょう。

 

紛失・盗難・災害リスク

ビットコイン・仮想通貨は、取引所に預けたままにすることもできますが、その場合にはハッキングのリスクがあるということを申し上げました。

そうならないためには取引所から仮想通貨を引き取り、自分のウォレット(ビットコイン・仮想通貨を入れる財布)で管理をすればいいのですが、それにもリスクがあります。

 

自分で管理するためのウォレットには、紙(ペーパーウォレット)や専用の電子機器(ハードウォレット)、モバイルウォレット(スマホアプリウォレット)等があります。

そのどれもが、物理的な実体を伴うために「紛失・盗難・災害リスク」を免れないのです。

 

紙は火事で燃えますし、なくなることもあります。電子機器は壊れるかもしれませんし、データが飛ぶかもしれません。

スマホをなくしかけるという経験はもっと身近なものであり、1度くらいはだれにでもあるのではないでしょうか。

 

ハッキングから逃れても、物理的な「モノ」であるがゆえのリスクが生じます。

投資家である以上は、データであろうがモノであろうが、自分の資産は自分で守る管理力が必須であるということになります。

 

詐欺ICO・HYIPリスク

次は今までとは少々毛並みの異なるリスクです。

どちらかというと「マルチ商法」や「オレオレ詐欺」等に近いもので、「投資のリスク」と言うよりも「一般的な詐欺の危険性」に近い話かもしれません。

 

ICOという仮想通貨用語をご存知でしょうか?

ICOとは「Initial Coin Offering」の略で、新規の仮想通貨を公開するための資金調達のことです。もちろん、出資者には新規コインが配布されます。

 

しかしながら、このICOは「公開前の新規コインに投資する」ものなので、非常に詐欺に使われやすいのです。

実際、「公開する新規有望なコインがあるので、出資しないか?」と嘘をついて資金調達し、お金を奪って雲隠れするという手口の詐欺が横行しました。

 

さらに、HYIPという詐欺の手口もあります。

HYIPとは「High Yield Investment Program」の略で、「高額配当投資」という意味です。

 

HYIPの多くはマルチ商法の形をとっており、月当たりの利益で数十パーセントというとてつもない好条件を提示して資金を集めるのが特徴です。

こういった詐欺の多くがそうであるとおり、最初の数回だけはきちんと資金が振り込まれますが、次第に配当の着金が遅れ、最後は「業者が飛んで(逃げて)」幕を下ろすことになります。

 

仮想通貨に限ったことではありませんが、カネのにおいのするところには詐欺業者が集まってきます。

残念なことではありますが、こういった詐欺に遭ってしまうというのもビットコイン・仮想通貨投資のリスクのひとつだと言えるでしょう。

 

技術リスク

最後に、ビットコイン・仮想通貨は2009年に出来た「ブロックチェーン技術」をもとにした暗号通貨なので、技術的リスクがあり得ます。

 

2018年現在、ブロックチェーン自体がハッキングや改ざんの対象になったことはありませんが、ブロックチェーン技術に由来する価格下落は起こったことがあります。

 

それが、ハードフォーク騒動です。

ハードフォークとは(ビットコインの運営方針が主要なマイナーの間で分かれた等の理由による)ビットコイン・仮想通貨の仕様変更のために、ブロックチェーンの鎖自体を2つに分岐させることです。

 

実際にビットコインのハードフォークは2017年8月に行われ、このハードフォークでは「ビットコインキャッシュ(BCH)」が誕生しています。

 

このハードフォークの前後では、様々な関係者(取引所、投資家、マイナー等)の思惑が錯綜し、ビットコインの価格は乱高下することになります。

これはブロックチェーン技術自体の問題点ではなく、人間の利害関係による乱高下ですが、こういうリスクもあるということも知っておくに越したことはないでしょう。

 

ビットコイン・仮想通貨投資のリスク・危険性を避けるためにどうすべきか?

ここまでビットコイン・仮想通貨投資のリスクをご紹介してきましたが、こういったリスクを避けるために、我々投資家はどうすべきなのでしょうか?

わたしたちに主に出来ることは二つだと思います。

 

一つは、リスクを認識し、ニュースに敏感になっておくことです。

 

詐欺ICO・HYIPリスクはそういった詐欺の手口があることを知っていれば避けられますし、技術リスクや法規制リスクもニュース等で事前に分かることがあります。

 

二つ目は、ウォレットを活用し、取引所を分散しておくことです。

 

ペーパーウォレットやハードウォレット等のコールドウォレットを活用すれば、ハッキングのリスクを極小化できます。

取引所を分散すれば、紛失・盗難・災害リスクを低減しつつ、ハッキングのリスクを小さくすることができます。

 

こうすることで、仮想通貨本来のリスクである「価格の乱高下(急落)リスク」にのみ気を配っておけば良いことになります。

 

仮想通貨を持っているからには、そのリスクを認識し、大きなニュースには目を通すようにしましょう。

さらに、取引所を分散し、資産を一気に奪われる危険性を減らしましょう。

 

特に今までの事件の起こり方からすると、最大のリスクは「取引所」であり、一つの取引所で投資をするのは大変危険です。

せめて国内大手取引所2~3社には分散するようにしてください。当サイトがメインで使っているビットフライヤーZaifは特にお勧めしています。

 

それでは、今回のリスクについての内容は以上になります。

お読みいただきありがとうございました。

安心・安全にビットコイン・仮想通貨投資を行うには?
俺のビットコインの投資法

ビットコイン等の仮想通貨に投資する際には、大きな2つのリスクがあります。

 

一つは取引所のリスク
2014年の「マウントゴックス事件」のように取引所が不正をしてつぶれたり、ハッキングされたりするリスクがあります。

もう一つは価格変動のリスク
ビットコインのボラティリティ(価格変動幅)はドル円の10倍とも言われます。仮想通貨は大儲けも大損もするのが特徴です。

 

これを避けるため、当サイト「俺のビットコイン」では、二つの分散をおすすめしています。

一つ目の分散は取引所の分散
国内大手取引所に分散して仮想通貨を預けることで、取引所のリスクを軽減できます。

二つ目の分散は仮想通貨の分散
ビットコインだけもつのではなく、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)にも分散して投資することで、下落リスクを軽減できる可能性があります。

 

国内大手取引所の組み合わせとしては、会社の信頼性や財務基盤の強固さ、取り扱いアルトコインの種類から「ビットフライヤー」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」の3社をおすすめしています。

 

ビットコイン・仮想通貨取引所「ビットフライヤー」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」へのご登録はこちらから。(10分程度で完了します)

おすすめの記事